「テアトルアカデミー大阪のオーデションに合格した場合、入学からの費用って具体的にどの位なんだろう…」

 

そう思う方は多いと思います。

 

私は、すぐにわかると思いインターネットで調べてみましたが…

 

どうやら、オーデションに合格した後、個別に費用は知らされるようなのです。

 

そういう事で簡単には調べが付きませんでした。

 

しかし!!

 

頑張って調べましてわかりましたので皆さんに共有していきたいと思います。

テアトルアカデミー大阪校の費用は?

テアトルアカデミー大阪校の費用はあくまで一般公開されておりません。

 

しかし、ネットで情報を共有してくれている方がいらっしゃいました。

 

なので、少なくてもその投稿時の費用がわかる状況です。

 

正しくはないかもしれませんが、そんなに遠くはないと思う情報です。

 

あくまで参考として捕らえていただけると幸いです。

 

では、部門ごとの費用を共有します。

 

 

赤ちゃん部門の費用は?

 

 

189,000円のコース
270,000円のコース
入学金
135,000円
135,000円
教育充実費
54,000円
54,000円
施設拡充費
不要
81,000円
月謝
2,160円×12ヶ月分
不要
幼稚部進級費
不明
不要
宣材写真費
11,000円×年2回
11,000円×年2回
タレント年鑑費
23,760円
23,760円
入学初年度
最低260,680円
計315,760円

 

赤ちゃんのコースは2種類あります。(調べた当時現在)
@入学金と教育充実費の189,000円コース
A入学金と教育充実費、そして施設拡充費の270,000円コースの2つです。

 

あとの違いは、@のコースだと、月謝がかかります。
年間で約25,000円ちょっとになります。

 

あと、どちらのコースも、宣材写真費が年2回で22,000円、タレント名鑑費23,760円が別途必要になります。

 

Aのコースの場合、3歳からの幼稚部進級費が不要ですが、@だとかかる可能性があります。
これから選ばれる際は、本部に問い合わせたほうが良いでしょう。

 

 

3歳からシニア部門の費用は?

 

 

3歳からシニアまでの費用

 

入学金
135,000円
施設拡充費
81,000円
教育充実費
54,000円
月謝@(授業料)
12,960円×12ヶ月分
月謝A(在籍維持費)
4,320円×12ヶ月分
テキスト2冊+CD2枚
8,230円
宣材(プロモート)写真
11,000円×年2回
タレント年鑑の制作費
23,760円
入学初年度
計531,350円
3歳からシニア部門になると、コースは一つのみになります。

 

赤ちゃん部門と比べると費用は跳ね上がります。

 

月謝が17,280円がプラスになるのが大きいですね。

 

 

テアトルアカデミー大阪校の費用高すぎ!!分割で払えるの?

 

費用が高すぎて、一括でしか払えないとなったら、担い手が減る可能性があります。

 

そこで、分割払い制度があります。

 

2種類ありますのでご紹介いたします。

 

テアトルアカデミー奨励制度

 

詳細
初回 69,000円(頭金)
2回目以降 残りの費用を最大12回払い

 

アベルバクレジット奨励制度

 

詳細
初回 30,000円(頭金)
2回目以降 残りの費用を最大24回払い
※赤ちゃん270,000円コースを選択された方のみ利用できます。

 

 

ちなみに、手数料や金利に関してはテアトルアカデミーが負担するとのことで無料なので、気軽にご利用ができるサービスだと思います。

テアトルアカデミー大阪校の費用が合格後しか知らされない理由

ここまで、有志によって開示されている、テアトルアカデミー大阪校の費用に関して共有してきました。

 

しかし、これらの費用が一般公開されていない理由が気になります。

 

この点に関しては、誰も考察をしていないので自分なりに考えました。

 

これに関しても皆さんに共有していきたいと思います。

 

 

 

費用がわかるという事は、レッスン内容もばれる可能性がある

 

現在は、有志によって情報が共有されていますが、それでも何とか入学金や総費用がわかる程度となっております。

 

というのは、入学を辞退された方からの情報共有がほとんどだからです。

 

実際、テアトルアカデミーでレッスンを受けている方からは、情報は出てきておりません。

 

費用には内訳があります。

 

それを分解してしまうと、世もすればレッスン内容がばれてしまいます。

 

実際、費用を支払ってレッスンを受けている方から情報が出ないのはそんな理由だからです。

 

 

レッスン内容がばれるという事は、オーデション対策が丸わかりになる

 

レッスン内容がばれてしまったと仮定しましょう。

 

テアトルアカデミーのレッスンは、そのまま、各仕事のオーデション対策とも言えます。

 

当然ながら、生徒がオーデションに合格し、大きい仕事をすることが実績となります。

 

当然ながら、秘伝のレッスン内容、オーデション対策は、世に出てはいけない秘伝のレッスンと言えます。

 

ただ、そのレッスン内容がばれるという事は、オーデション対策が丸わかりになるということです。

 

 

オーデション対策が丸わかりになるという事は、自主的に勉強するだけでノウハウが身につく

 

ただ、それでもオーデション対策が丸わかりになってしまったとしましょう。

 

という事は、テアトルアカデミーに入学する必要はなくなります。

 

レッスン内容がばれてしまっているわけですから…

 

その内容を自分で勉強して対策すればいいだけです。

 

その結果、テアトルアカデミーでレッスンされる内容が自分で身に着けることが可能になってしまいます。

 

 

自主的に勉強するだけでノウハウが身につくという事は、オーデション倍率が跳ね上がり難関になる

 

自主的に勉強するだけでノウハウが身につくという事は、各お仕事のオーデションに、そのノウハウをもった個人も受ける事になります。

 

当然そのオーデションは熾烈を極め、結果、レッスン生が落選し、一般のノウハウを持った個人が合格するかも…という状況になる可能性があります。

 

ということは、オーデション倍率が跳ね上がり難関になるという事になります。

 

 

結論

 

テアトルアカデミー大阪校の費用が合格後しか知らされない理由は、中で行われるレッスン内容が外に漏れないようにするためであることが言えます。

 

という事は、テアトルアカデミー大阪校に合格し入学すれば、他では学べないレッスンやノウハウを学ぶことができます。

 

それによって

 

「芸能の仕事を勝ち取る近道を与えられる」

 

可能性が極めて高くなります。

テアトルアカデミー大阪校と他校との比較

 

テアトルアカデミー大阪校の費用を知ってみてどうですか?

 

実際高いと思った方は少なくないと思います。

 

でもやはりここで学びたい方が多い実情があります。

 

なぜか??

 

他校と比較してみましょう!!

 

 

テアトルアカデミーは赤ちゃん物件や子役物件にとても強い

皆さんは、テアトルアカデミーと聞くと何を思い浮かべますか?

 

よくポスターや広告バナーなどで見るのは、

 

赤ちゃんから子役の華々しい実績ですよね!!

 

鈴木福さん

 

小林星蘭さん

 

谷花音さん

 

この方々を知らない方は少ないでしょう。

 

皆さんテアトルアカデミー出身者なんです。

 

テアトルアカデミーで学べば、有名な子役になれるかもしれない!!

 

と思うのは当然の摂理と言えます。

 

実際、テアトルアカデミーから次世代の子役スターも出てきていますし…

 

ということで、テアトルアカデミーは、他校と比べ、赤ちゃん物件や子役物件にとても強いと言えます。

 

 

テアトルアカデミー大阪校と他校では知名度が違う

テアトルアカデミーの他のタレントスクールを挙げていきます。

 

日テレ学院

 

松竹芸能タレントスクール

 

アルマットタレントスクール

 

ネオモデルタレントスクール

 

パートナーズ・プロ

 

巣山プロダクション

 

 

etc

 

 

現在は、多数のタレントスクールができ、各校で指導が行われています。

 

費用の設定に関しては、安価なところもあれば、テアトルアカデミー大阪校より高いところも存在します。

 

ただ、もう一度よく見てください。

 

テアトルアカデミーより有名なところがありますか?

 

むしろ、初めて聞いたところも多かったのではないですか?

 

これでわかることは、

 

テアトルアカデミー大阪校と他校では知名度が違う

 

という事です。

 

知名度が違うという事は、信用度にも関わります。

 

テアトルアカデミーは、皆さんからも、芸能のお仕事を依頼する事務所からも一番に信頼されているスクールであると言えます。

もしテアトルアカデミー大阪校ではなく他校に進んだら

ここで、もしテアトルアカデミー大阪校ではなく他校に進んだらどうなることが予想されるか考えてみましょう。

 

 

場合によっては、テアトルアカデミーと同等、もしくはそれ以上の教育を受ける事が出来る可能性がある

これはあくまで可能性ですが、日々の鍛錬やレッスンに関しては、どのスクールでも受ける事が出来ます。

 

良い講師に巡り合えば、より良いノウハウを取得できることもあるでしょう。

 

今は、タレントスクールも増え、講師も増えています。

 

当然、スクールでも独自のノウハウも持っている可能性もあります。

 

芸能人やタレント、役者になれるようなスキルはあなた次第で身に着けることが可能でしょう。

 

 

仕事にありつける可能性はテアトルアカデミーより低くなる可能性がある

ただ、ココからが問題です。

 

テアトルアカデミーは老舗で信用度が一番高いです。

 

という事は、仕事の依頼に関しては、まず一番にテアトルアカデミーに打診がいく可能性が高くなると思われます。

 

テアトルアカデミー内での競争で、仕事を得ることができる人が決まる可能性が高くなります。

 

という事は、ほかのタレントスクールまで仕事依頼が回らない可能性も出てくると思います。

 

考えてみてください。

 

東大生Aさんと早稲田大学生Bさんではどちらが優良企業で出世すると思いますか?

 

Aさんだと思いますよね!!

 

この答え、実際は時が来ないとわからないんですが…

 

可能性だと現時点ではAさんだと思う方がほとんどであると思います。

 

オーデションとは、その時点でのイメージが大きく左右します。

 

テアトルアカデミー生というだけで有利になってしまう可能性が高いんです。

 

という事は…

 

仕事にありつける可能性はテアトルアカデミーより低くなる可能性がある

 

と言えます。

まとめ

テアトルアカデミー大阪校の費用はあくまで一般公開されておりません。

 

しかし、ネットで情報を共有してくれている方がいらっしゃいました。

 

それによりますと
赤ちゃん部門の費用は2種類あります。(調べた当時現在)
@入学金と教育充実費の189,000円コース
A入学金と教育充実費、そして施設拡充費の270,000円コースの2つです。

 

あとの違いは、@のコースだと、月謝がかかります。
年間で約25,000円ちょっとになります。

 

あと、どちらのコースも、宣材写真費が年2回で22,000円、タレント名鑑費23,760円が別途必要になります。

 

Aのコースの場合、3歳からの幼稚部進級費が不要ですが、@だとかかる可能性があります。

 

3歳からシニア部門の費用は270,000円コース+月謝や諸費用のコースは一つのみになります。

 

赤ちゃん部門と比べると費用は跳ね上がります。

 

ただ、分割で支払えるそうなので、検討の余地は十分にあります。

 

テアトルアカデミー大阪校は、基本的に情報開示がされていません。

 

その理由は、

 

費用がわかるという事は、レッスン内容もばれる可能性がある
レッスン内容がばれるという事は、オーデション対策が丸わかりになる
オーデション対策が丸わかりになるという事は、自主的に勉強するだけでノウハウが身につく状況で秘匿性が無くなる

 

ノウハウ流出を避けながら、テアトルアカデミーのレッスン内容を独自のノウハウとして生徒にだけ教えたいからだと言えます。

 

テアトルアカデミーは、

 

テアトルアカデミーは赤ちゃん物件や子役物件にとても強い
テアトルアカデミー大阪校と他校では知名度が違う

 

状況ですが、現在は多数のタレントスクールが存在します。

 

もしテアトルアカデミー大阪校ではなく他校に進んだら、場合によっては、テアトルアカデミーと同等、もしくはそれ以上の教育を受ける事が出来る可能性があるが、仕事にありつける可能性はテアトルアカデミーより低くなる可能性があるのではないかと思われます。

 

テアトルアカデミーで学ぶという事は、それだけで何にも得難いステイタスになることは間違いないと言えます。

 

いま、テアトルアカデミー大阪校の費用を調べながら悩んでいる方!

 

まず、オーデションは無料ですので受けてみながら考えてみませんか?